東京の中古マンションは値上がりする?今後を見据えた売却時期

このページは、東京の中古マンションの値上がりしているのか。今後の売却を見据えた価格変動についてみていきたいと思います。東京での中古マンションの需要は一昔前から高い状態が維持されてきました。

経済の中心地として都心部ではワンルーム、郊外ではファミリー向けの物件に高い人気があったからです。オフィス街やショッピング街などの展開によって地価も飛躍的に高まり、中古マンションの価格は伸びていました。

今後もまだ東京では中古マンションが値上がりしていくのかと疑問に思う人もいるでしょう。今、所有しているマンションを売却してしまった方が良いのか、もう少し所有していて高くなってから売った方が良いのかと悩むのはもっともなことです。

今後の東京でも中古マンションの値上がりは起こっていくのは確かですが、需要のあるマンションに違いが生じてくるので注意しなければなりません。既に持っている中古マンションについてはすぐに売る決断をするのが賢明です。

建物の価値は経年により低下していってしまうため、売却の時期を遅らせるほど売却価格は低くなってしまいがちになります。それに加えて東京での需要の傾向として築浅のマンションが好まれ、古いマンションについてはそれほど需要が高くなくなってしまっているのが現状です。

リノベーション物件が増えてきているのは売れなくなって困った中古物件が増えてきているからに他なりません。このような状況から判断すると既に持っている中古マンションは速やかに売却に踏み切るのが良いでしょう。

ただし、築浅のマンションを持っているというときには立地によっては少し時間を置いた方が良い可能性もあります。都心部では需要が安定してきてしまっていますが、郊外に住んで通勤しようという人は増える傾向が生まれてきているからです。

東京郊外に住みたいと考える人が増えればそれに応じて中古マンションの需要の高くなり、市場の原理に従って値上がりしていくことになります。

特に地価の上昇によって売却価格が引き上げられる可能性があるため、築浅で買い手がつきそうなマンションであれば数年待ってみるのは悪い考え方ではありません。地域によって需要の変動にも大きな差異があり、都市開発が進められている地域ほど需要が伸びる傾向があります。

将来的にはリフォームもしやすいというメリットがある中古マンションであれば長く住める物件だと判断してくれるため、売却に成功する可能性も高くなるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする