マンション売却の流れはコチラ

まず、不動産屋に依頼をする前に、自身で周辺地域の売物件の相場を調べましょう。近隣の物件がどの程度の金額で売られているのか、物件数は多いのか等、あらかじめ把握しておいた方が良いでしょう。

査定依頼をする

次に、一体いくらで売却出来るのか、査定依頼を行います。査定は複数の不動産屋へ依頼する事をおすすめします。不動産屋によって査定基準が違いますので、金額も異なってくることがあります。

また、万一ですが、本当はもっと高く売れるのに、早期成約したいがために相場より安い価
格を掲示されたりすることもあり得ます。複数に査定依頼をすることで、物件の妥当な売却金額が見えてくるでしょう。

媒介契約を結ぶ

依頼する不動産屋を決めたら、媒介契約を結びます。媒介契約には3種類ありますので、ご自身に合った方法で契約を行いましょう。

物件の立地や条件も良く、早期成約が出来そうな場合や、とにかくたくさんの不動産屋に募集をかけてもらいたい場合には、一般媒介契約が良いでしょう。

成約時にもらえる手数料の大きさなどから、不動産屋が一生懸命にやる気をもって販売をし
てくれるのは、専任媒介契約です。一般媒介と違い、複数の不動産屋への依頼が出来ませんが、ご自身で買主を見つけてくることは可能です。

最後の一つ、専属専任契約は、複数のところへ依頼をするのも、ご自身で買主を見つけてく
ることも禁止されています。

一見すると複数の不動産屋へ依頼をした方が早く決まりそうな感じがしますが、惜しみなく
募集活動してもらえる点や販売状況の報告が受けられるなど、専任媒介契約の方が不動産屋
にとっても売主にとってもメリットが大きいと言えます。

売却開始

媒介契約を結んだら、いよいよ売却が開始されます。不動産屋なレインズ(不動産流通標準情報システム)やチラシなどにより広告を行います。実際に内見希望の方も来られますので、当日の内見でも困らないよう、常に部屋は綺麗に保ち印象良くしておきましょう。

売買契約

買主が決まりましたら、次に売買契約を行う場所や日時を調整し、決めていきます。契約前に説明する重要事項説明書には、設備などに関する詳細が記入されます。契約後のトラブルを防ぐためにも、事前に設備に不具合がないかの確認や取り決めを決めておきましょう。

契約後には買主から手付金の入金があります。また、売主は不動産屋へ仲介手数料の半額を支払います。

お引き渡し

契約後は、住宅ローンが残っている場合は残金の返済・抵当権の抹消を金融機関で行います。これは売買残金を受け取る際に行いますので、売主側で決済の場所を決めます。決済が完了しましたら、鍵を渡し、すべての手続き完了となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする